おすすめ育児グッズ

授乳ケープのおすすめはポンチョ型!背中が隠れるから安心!

赤ちゃんが生まれると、準備したほうが良いのか迷うもののひとつに「授乳ケープ」があります。

授乳ケープとは、授乳室が無い場所などで授乳をする際に、赤ちゃんを覆うことのできるケープです。

完母の赤ちゃんには必需品ですね。

 

ですが、一口に授乳ケープと言っても、色々な種類があるから何を選べばいいのか迷ってしまうし、実際に外で授乳をする時に胸元や背中が見えてしまわないか心配になりますよね。

 

そんなママさんにおすすめなのが、私も使っているポンチョタイプの授乳ケープ!

 

ポンチョタイプの授乳ケープは、外で授乳をしていても授乳中に見えずらいデザインのものが多く、お腹も背中もすっぽり隠れるので、見えてしまう心配がありません!

 

この記事では、そんな授乳ケープについてまとめてみました!

 

私が授乳ケープを購入したきっかけ

私は、第一子の息子が生まれたばかりのころは授乳ケープを準備していませんでした。

というか、授乳ケープ自体あまり知らなかったのです。

 

ですが初めての育児でびっくり!

赤ちゃんは思った以上に頻回授乳。

我が子は間隔がなかなか狭まらず、だいたい2時間半おきの授乳でした。

そうすると、なかなか出掛けるのも億劫ですよね。

完ミや混合の赤ちゃんだと外出中はミルクを飲ませられますが、哺乳瓶が嫌いな赤ちゃんだと外出先に授乳室があるかどうかは大きな問題。

けれど、必ず授乳室があるとは限らないので、完母の赤ちゃんにとって授乳ケープは必須アイテムになります。

 

赤ちゃんの月齢がまだ小さいうちは、授乳の時間に合わせて帰宅していたのでそこまで困らなかったのですが、初めて長時間外出することになったのが、お宮参り(我が家では100日の時にお参りしています)。

 

お参りをして、両家の両親を呼んでお店で食事をする流れでした。

お店には授乳室がなかったので、授乳ケープを購入することに。

最終的にたどり着いたのが、ポンチョタイプのものでした。

 

授乳ケープは主に3種類

ここで、授乳ケープの種類をご紹介します。授乳ケープは主に、エプロンタイプ、ポンチョタイプ、ストールタイプの3種類あります。

エプロンタイプ

エプロンタイプは、名前の通りエプロンのようになっているケープをかけて使います。

首のところにワイヤーが入っているものが多くて、赤ちゃんの顔が見えやすいというメリットがあります。

私は最初このタイプにしようと思ったのですが、授乳服を買っていなく、普通の服をまくって授乳していたので、これだと背中や脇腹が見えてしまうのでやめました。

ポンチョタイプ

ポンチョのように頭からすっぽりかぶって授乳します。

普通の服のように見えるものが多く、授乳中に見えずらいものが多いです。

首のところにワイヤーが入っていないので赤ちゃんの顔は見えずらいですが、360度カバーできるので、背中が見えてしまう心配がありません。

ストールタイプ

大判のストールをかけて授乳するタイプです。

授乳のときだけではなく、赤ちゃんの膝掛けやおくるみとしても活用できます。

 

私が外出中必ず持ち歩く授乳ケープはコレ!

 

 

授乳中に見えないデザイン

まず気に入ったところは、授乳中に見えないデザイン

特に、

  • 胸元のボタン
  • フードがついている

という特徴があるので、一見すると普通の服のように見えます

エプロンタイプだと、いかにも授乳しています!というかんじがして私は少し苦手だったのですが、こちらはそれほど気になりません。

横についているボタンを留めると袖のようにすることができるので、授乳が終わったあとも普通の服として活用できますよ!

 

背中まですっぽりかくれて安心

エプロンタイプだとどうしても隠れるのは前側だけ。

授乳服を着ていれば胸元だけ出せるのでエプロンタイプでも大丈夫ですが、私は普通の服をまくって授乳していたので、背中が丸見えに。

ポンチョタイプだと360度隠れるので、背中や脇腹が見えてしまう心配もありません!

夏場は暑い

360度覆ってしまうためか、授乳していると暑くなってきます。

冷房が効いているところならそれほど気になりませんが、夏場に外で授乳することになると暑いかもしれません。

赤ちゃんの顔が見えずらい

首のところにワイヤーが入っていないため、赤ちゃんの顔が少し見えずらいです。

最初に加えさせる時、胸元を支えて赤ちゃんの顔を見えるようにしながら赤ちゃんを加えさせるようにするので、慣れるまで少し大変かもしれません。

ただ、胸元のボタンをはずせば結構大きく開くので私はそこまで気になりませんでしたよ!

 

ポンチョタイプはこういう人におすすめ!

  • 授乳服ではなく普通の服をまくって授乳しているので、背中や脇腹を隠したい
  • いかにも授乳しているように見えるケープは苦手
  • 授乳後は普通の服として活用したい

 

使う期間が短いので、購入するのがためらわれるかもしれませんが、母乳を飲んでいる赤ちゃんには必需品です!

頻回授乳だと授乳時間が気になってなかなか外出する気になれないかもしれませんが、ママの気分転換にもなるので授乳ケープを上手く使って楽しく外出したいですね!

ぜひ、赤ちゃんとママさんにぴったりな授乳ケープを見つけてください!

 

 

 

ABOUT ME
佐藤 まりも
2児の母。子育てのあれこれを発信中。趣味はかぎ針編み。