出産記録

私の出産体験記を書いてみた。

こんにちは!まりも(@marimo_myk)です!

 

先日息子が1歳の誕生日を迎えました!

この1年、長くて短くて、色々ありすぎてあんまり記憶に残っていません。

せっかくなので、1年前の出産を思い出して体験記を書きます!

 

私も出産前は色んな人の体験談を参考に読み漁ったので、誰かの参考になれば嬉しいです。

 

38週0日 妊婦健診

その日はいつも通りの健診で、これが最後の妊婦健診になりました。

37週からいわゆる内診グリグリをされてて、今回も例にもれず。

これ、めちゃくちゃ痛いです…。

少し出血はあったけど、内診のあとは出血するかもって言われていたので、特に気にしていませんでした。

 

初産は出産予定日を過ぎる人が多いとか、私自身が生まれてくる時も「初産で予定日1週間過ぎて促進剤だった」と母から話を聞かされていたので、まだ先かなと思っていました。

でも、妊娠後期から張りやすくて張り止めの薬を飲んでいたので、なんだかそろそろな予感がしました。

 

38週1日

日付が変わって朝の3時ごろ。

トイレで目が覚めました。

戻ってきてからなんだかおなかが痛い。

生理のちょっと重いような感じ。前駆陣痛かな?

そういうのはこれまでも何度かあったので、今回もすぐ治まるかなと思ったんですが、なかなか治まらない。

そこからは、うとうとしつつもおなかが痛くて眠れずに朝になりました。

 

朝7時で10分間隔ぐらい。

とりあえず病院に連絡を入れました。

すると、「家近いよね?5分きったらまた連絡してね~」とのこと。

 

その日は1日中、結構痛いけど我慢できなくもないぐらいの生理痛みたいな痛さが続きました。

間隔は5分ぐらいだったり、30分ぐらいあいたりとバラバラ。

とりあえず体力付けなきゃと、なんとか食事を取って、シャワー入って。

その日の夜は、ごはん食べながら録画していた波瑠さん主演のドラマ「あなたのことはそれほど」の最終回を見ました。

これで思い残すことは無し!

その時は痛みは少し遠のいていました。

 

38週2日

日付が変わったぐらいから、遠のいてバラバラだった痛みがなんとなく規則的に10分ぐらいで付き始めました。

ひと晩痛みに耐えて、朝には5分間隔。

この時には、おしるしらしき出血も少しありました。

病院に連絡して、夫に車で連れて行ってもらいました。

立ち会いしてくれると話していたこともあって、夫は1日仕事を休んでくれました。

 

病院についてからは、内診したり、赤ちゃんの心音確認したり、その間にもどんどん痛みが強くなっていきます。

内診台に上がってる時にちょうど陣痛の波がきて悶絶していたら、先生がカーテン越しに覗いてきて「お、良い表情だね~」って、めっちゃ笑顔で言ってきたのが凄く記憶に残っています。

この時はまだ1~2cm。

昨日1日痛かったのに全然開いてなくて、絶望。

 

個人病院で部屋が少なかったからなのか、そのあとはずっと分娩室にいました。

よく、陣痛がピークの時に分娩室まで歩かされたのが辛かったっていう話を聞いていたので、それはラッキーだったかな。

でも、膀胱が溜まっているとお産が進みにくいだかで、何回かトイレに行かされたのはツラかった…。

しかも、病院に駆けつけて廊下で待っていた義母にあられもない姿も見られてしまったし。

 

15時ごろでようやく3~4cm。

正直もっと開いていて、そろそろ生まれるのか?とか思っていたから、かなり絶望。

お産が進むように、先生が破って破水させました。

そのあとはもう、この世のものではない痛みでした。

しかも2晩ろくに寝れてないから、痛みが途切れた時に一瞬意識が飛んで、また痛みが襲ってきて、の繰り返しだったような気がします。

そのあと何回か内診してもらう度に、「順調だよ~、明るいうちに生まれてきそうだよ~」と言われるんですが、結局夜になってしまい、私は先生に「嘘つき!!!」と悪態をつきました。

その他にも、「おなか切ってー!!」とか「無痛にしてー!!!」とか、ずっと叫びまくっていました。

今考えると、お恥ずかしいやら…。

 

20時ごろ、隣から生まれたての赤ちゃんが運ばれてきました。

実は、私が出産した病院は無痛分娩で有名なところで、隣の部屋の妊婦さんが無痛分娩で出産を終えたところだったんです。

それまで、あまりの静かさに隣でお産が行われているなんて全く気付かなくて。

第一子だし、怖いものみたさで自然分娩を選んだんですが、次は絶対無痛にしようと心に決めた瞬間でした。

 

ようやく20時半ごろに全開。助産師さんがバタバタと準備をします。

めちゃくちゃいきみたい!!けど我慢!!!

隣のお産でバタバタしていたところに、私も全開になったから、しばらく待たされました。

 

ようやく準備が整っていきむけれど、もう体力が残っていなくてなかなか産まれてこない。

あとちょっとのところで、陣痛が遠のいてしまって、促進剤を入れられました。

会陰切開は本当に全く痛みを感じなかったです。

夫は一部始終見ていたんですが、ジョキン!って切ってたよ~って後で教えてくれました。

最後は、吸引とおなかを全力で押してもらって、やっと産まれました。

「鼻からスイカ」と良く言うけれど、確かにイメージとしてはそんな感じかな。

ということで、38週2日の6月21日21:35、第一子が産まれました。

 

最初にずっとそばについていてくれた夫が抱っこして、そのあと私の所に来ました。

夫が抱っこした時に、一瞬にこって笑ったみたいで(笑ったようにみえた?)、今でも出産の話をすると、そのことを嬉しそうに話します。

 

1年前の出産を振り返って

記憶ってやっぱり薄れていくもので、思い出そうとしてもやっぱり忘れてしまうものですね。

出産前後の事ってなぜだか記憶が強く残っている気がするんですが、それでももっと早く文章に残しておけば良かったな~と思いました。

たまに、夫が撮ってくれていた出産のビデオを見ると、本当に妊娠出産って壮絶で、お母さんも赤ちゃんも命がけなんだなって思います。

確かに生まれた時も可愛かったけれど、あの時はこの小さな命を生かしていくことに必死で、正直あまり可愛いって思えなかったけれど、今は言葉にできないほど愛おしくてたまりません。

 

妊娠出産ってそう何度もできる経験ではないし、色々大変な事ばかりで、痛いことばかりで、正直しんどい事のほうが多いけれど、私は経験することができて本当に幸せだなって思っています。

でも、痛いのはやっぱり勘弁。

もし次があったら、ぜひ無痛分娩で産みたい…!

 

以上、まりもがお伝えしました!

 

こちらもどうぞ

[kanren id=”341"]

[k[kanren id=”386"]p>

 

ABOUT ME
桑野 まりも
北海道在住。夫と2歳の息子の3人で暮らしている28歳専業主婦。日々の子育てで得た経験や出来事をブログに書いています。好きなことは食べることと手芸。