子どもは親の背中を見ている!?良い習慣は背中で示したい

二人育児の教育
スポンサーリンク

子どもがいると自分時間を確保するのは難題

子どもが小さいと、自分の時間を確保することの難しいこと。

起きているあいだはひっきりなしに話しかけられ、やりたいことをやるどころか、思考する余地もない。
そうすると必然的に子どもが寝ている時間が自分時間となる。

私の自分時間は朝

次男が断乳して夜泣きも減り、だいぶまとまって寝てくれるようになってから、私の自分時間は朝だ。

夜活していた時期もあったけれど、なかなか寝てくれない子どもにイライラしてしまうし、自分も眠くて寝落ちしてしまい自己嫌悪…。
ということが多々あったので、今では潔く子どもと寝てしまう。

だいたい21:00に布団に入り、5:00ぐらいに起きる。
子どもたちが起きてくる7:00ぐらいまでの2時間ほど。
ここが誰にも邪魔されない自分の時間!!

ゆっくりと手帳に向きあったり読書をしたりと、私にとってなくてはならない時間…。
だったのだけれど。

子どもは親の背中を見て育つ…?

最近、5才の長男がめちゃくちゃ早起きだ。
6:00には起きてくる。
何をするかというと、5才のお誕生日にプレゼントしたカービィディスカバリーだ。

そして、2才の次男も6:30とかに起きてきて、起きるなり「おなかがすいた」と食べ物を要求してくる。

もう少しゆっくり寝てて〜!というのが本音。

でも、やっぱり子どもって親を見ているから、親が早起きだと子どもも早起きになるのかな?

早起きでいてくれて悪いことはない。
早起きにしろ、読書にしろ、勉強にしろ。
いい習慣は口うるさく言うんじゃなくて、背中で示していきたい。

コメント

さとうまりも

こんにちは、まりもです!
男の子2人を子育て中の母。
長男5歳、次男2歳。男の子二人育児はなかなか大変だけど、毎日楽しみたい!二人育児に役立つかもしれないあれこれを発信中。
子供が起きる前の早朝、ひとり静かな時間を楽しむのが最近の至高の時間。

さとうまりもをフォローする
スポンサーリンク
のんびりママライフ
タイトルとURLをコピーしました